10:00 本を読みたいとき

10:00 本を読みたいとき

枯葉舞い散る季節も終わるころ、都心では雪。

街は次の季節へと装いを変えていく。

cold-snow-winter-frozen

読書の秋が終わるころ、なんとなく本が読みたくなった。
最近は液晶画面越しにしか文字を読んでいないからか、昨日の帰りに電車の中で本を読む人を見たからか。なんにしても久しぶりに家の本棚とにらめっこをすることになりそうだ。

pexels-photo-38091

せっかくなら本をもって外に出てみよう。
風は冷たいかもしれないがあたたかい恰好で行けばいい。この季節ならではの澄んだ空気の青空の下で本を読むのもなかなかオツかな。

本棚に置いてある本は自分で選んで買ったものだからどんな本にも思い入れはある。
仕事のために買ったビジネス書や資格の本も、人生の指南がほしくて買った自己啓発本も、ちょっと背伸びして買った洋書も、学生の頃に読みふけった小説たち、ゆっくり少しずつ読み溜めてきた。

pexels-photo-192939

本にはすんなり読めるときと読めない時がある。難しくてずっと敬遠していた本がある日突然読めるように。

今日は仕事ばかりの毎日で心が退屈しているようだから、わくわくするような、どきどきするような、ハラハラするような本にしよう。

さて、どこでこの本を読むとしようか。公園のベンチでゆっくり読むのもいいかもしれないし、お気に入りの喫茶店でしっとりと読みふけるのもいいかもしれない。どうせ人前で本を読むのなら本にもおしゃれをさせてみたい。

books-1155557_1920

最近はいろんなブックカバーがあるし、栞だって洒落ている。今日という日をともにするこの本にさりげなく自分らしいワンポイントをつけてあげよう。

手に持つもの一つひとつを意識して身だしなみを整えたら出かけよう。

pexels-photo-2