ハレトケ記事書く

ハレトケ記事書く

構造と文体こそが小説の本質(言い回し表現)
記事をかくなら。
再読しかない。
主観的になること
背筋で読む
語り・教師の導き・魔法使い
偉大な詐欺師

コンセプト(誰かを考える機会=贈る相手と過ごす時間を考える)
カテゴリー(贈りたいから贈る・モノと暮らし・ヒトとコト)

記事アイデア(カテゴリー モノと暮らし:商品について  GIFT:ギフトについて)
・商品探す(URL:商品名:メーカー:販売店名)>>> WEB・SNS(sumally 、 pinterest)

条件:時系列 商品名 販売先 メーカー

・モノの記事は、テーマ毎<北欧・海外・国別・ジャンル>(カテゴリに合わせて、5商品程度の紹介)

・コトのギフト(旅行・コンサート・体験・食事などのジャンル別に紹介)

 

流れ(概要・詳細・まとめ >>> PR   SNS:sumaly pinterst)

ページデザイン(サムネイル・タイトル・メイン画像・見出し・詳細画像・キャッチ・詳細文・まとめ)

骨子(タイトル・記事・関連記事)

SEO(商品名・faretoqe)