暮らしに北欧のあたたかさを贈る。その12

暮らしに北欧のあたたかさを贈る。その12

今、なぜ北欧デザインが求められているのだろう?

温かく暖かくやさしく過ごす。
北欧デザインと聞けば、スウェーデン・デンマーク・ノルウェー、通称"スカンジナビア"を連想する
そこは通年寒く、日照時間も短い、ゆえに家で過ごす時間が長くなる。
そんな厳しい環境の中から生まれる日用品たちは、共通したメッセージを持っている。
"みんなで豊かに暮らすこと"
この豊かさは、金銭・物質的な欲求を満たすのはでなく、
寒く厳しい環境で暮らす家族が、触れ合う機会を大事にしようとする精神的な豊かさだと思う。
家族が過ごす食卓をランタンの灯りがやさしく照らし、グラスが空けば自然と注ぎ合う空間はどんな会話も遮らない。
彼らにとっては普遍的なシーンだが、このような暮らしを積み重ねてわかる何気ない日常の"あたたかさ"だろう。
私たちが過ごす暮らしに"あたたかさ"を加えるならどのシーンだろうか?
北欧から生まれたブランドアイデアをご紹介したいと思う。

暮らしにあたたかさを添えてくれる製品たち

aarikka arima Pisara vase

Iittala Kartio Juomalasi

Iittala Kartio Juomalasi
タンブラーに何を注ぐのか?
1人でも2人でも、いつも使い慣れたグラスやタンブラーに飲み物を注ぎ、食事や会話を始める。その日常とは違う時間の送り方を考えてみよう。少し脚が長いグラスに、赤いワインを注いでみる。今日は、少し休もうと1口飲んでみる。「フーッと」息を吐いて楽になる。

aarikka Saimaa glass vase big

Iitala Kastehelmi Suomi 100 Lautanen

Iitala Kastehelmi Suomi 100 Lautanen
タンブラーに何を注ぐのか?
1人でも2人でも、いつも使い慣れたグラスやタンブラーに飲み物を注ぎ、食事や会話を始める。その日常とは違う時間の送り方を考えてみよう。少し脚が長いグラスに、赤いワインを注いでみる。今日は、少し休もうと1口飲んでみる。「フーッと」息を吐いて楽になる。

aarikka Pilkku tray big

Iittala KoKo Muki

Iittala KoKo Muki
タンブラーに何を注ぐのか?
1人でも2人でも、いつも使い慣れたグラスやタンブラーに飲み物を注ぎ、食事や会話を始める。その日常とは違う時間の送り方を考えてみよう。少し脚が長いグラスに、赤いワインを注いでみる。今日は、少し休もうと1口飲んでみる。「フーッと」息を吐いて楽になる。

aarikka Reitti ceiling lamp

Iitala Linnea Aterinpakkaus

Iitala Linnea Aterinpakkaus
タンブラーに何を注ぐのか?
1人でも2人でも、いつも使い慣れたグラスやタンブラーに飲み物を注ぎ、食事や会話を始める。その日常とは違う時間の送り方を考えてみよう。少し脚が長いグラスに、赤いワインを注いでみる。今日は、少し休もうと1口飲んでみる。「フーッと」息を吐いて楽になる。

aarikka Valopallo ceiling lamp

Iittala Birds by Toikka Kuulas

Iittala Birds by Toikka Kuulas
タンブラーに何を注ぐのか?
1人でも2人でも、いつも使い慣れたグラスやタンブラーに飲み物を注ぎ、食事や会話を始める。その日常とは違う時間の送り方を考えてみよう。少し脚が長いグラスに、赤いワインを注いでみる。今日は、少し休もうと1口飲んでみる。「フーッと」息を吐いて楽になる。

aarikka-logo

北欧デザインの中心に
このすべては、1881年にイッタラのガラス工場を始め、人々の日常生活を豊かにするために設計されている不朽のオブジェクトのコレクションとして今日に表示されます。私たちは、オブジェクトは、区別可能な組み合わせ可能で汎用性のあることを信じています。

品質、美しさと機能性は常にイッタラの設計の基礎となっています。先駆的muotoilijoidemmeカイFranckinとアルヴァ・アールトの革新的な見解はまだ私たちを鼓舞します。私たちは、美しいだけオブジェクトを作成する必要はありません。私たちは捨てされることはありません飽きのこないデザインで信じています。