プレゼント用の秋冬パジャマは素材で選ぶ。

プレゼント用の秋冬パジャマは素材で選ぶ。

プレゼント用の秋冬パジャマは素材で選ぶ

プレゼントとして贈る秋冬パジャマは、季節や体温を考慮して選ぶと喜ばれます。秋冬素材は、フランネル・コットン・多重ガーゼ・ポリエステル・ビスコースなどがあり、素材それぞれに特徴などもあります。また、最近多くみられる化学繊維のパジャマなども合わせて紹介していきます。

プレゼント用の春夏パジャマは素材で選ぶの記事はこちらからです。

秋冬パジャマの素材は?

コットン

コットンは、綿の木の白いふわふわした部分が綿(コットン)になります。それを平織りだとオックスフォード・綾織りだとガーゼ・繻子織り作られた生地がサテンです。コットン繊維は吸湿性、湿気を吸う力に優れている為にパジャマとして重宝されています。

モーダル

オーストラリアにあるレンチング社が生産・販売している布地です。モダール生地はレーヨン生地の一種です。
モダールは橅(ブナ)の木のみから植物繊維を取り出して作られている素材です。

フランネル

コットンやウール素材を毛織物にした素材です。特に保温性が高いことや着心地が軽い事でベビー用品やパジャマなどに活用されています。素材というよりは、素材を使った織物という認識

多重ガーゼ

夏のイメージのガーゼ素材ですが、実は秋冬にも活躍する特徴があります。ガーゼは内側に空気を含む層があるおかげで、体から発する熱を逃さない役割を持っています。秋冬だけでなく春夏のオールシーズンが利用できます。また、空気を含む層がある構造上、通気性や速乾性にも優れている素材です。

ポリエステル

ポリエステル素材のメリットは耐久性です。PETで作られるポリエステル繊維は、軽くて耐久性が強く、服がシワになりにくい素材です。汚れや匂いが吸着しやすいのデメリットです。

ビスコース

アクリル素材のメリットは保温性です。空気を含む構造が温かさを生んでくれます。デメリットは、吸湿性も吸水性がない事です。アクリル繊維は水を吸いません。パジャマには向かない素材です。

いろんな素材のパジャマ

コットンのパジャマ


参照:https://www.johnlewis.com/john-lewis-partners-ivy-spot-jersey-pyjama-set-grey-ivory/p4193329

  • >>ブランド:johnlewis
  • >>素材:コットン100%
  • >>形状:セットアップ
  • >>価格帯:5000円〜
  • >>レビュー:素敵な起毛コットンパジャマ。よくフィットし、着心地がいい。洗濯後の収縮はありません。2番目のペアを購入しました。

フランネルのパジャマ

  • >>ブランド:johnlewis
  • >>素材:綿 100%、フランネル
  • >>形状:セットアップ
  • >>価格帯:10000円〜
  • >>レビュー:夫にクリスマスプレゼントで購入しました。とても喜んでもらえています。最初見た感じがジャケット?かと思うほどしっかりした作りで、かつ肌触りはきめ細かでなめらかで本当に気持ちが良いです。今まで持っていたパジャマも綿ですが、こんなになめらかではなく、ペラペラの生地だったので、今回初めての感覚でした。思い切って買ってみて良かったです。ギフトにもおすすめできます。 

モーダルのパジャマ

  • >>ブランド:johnlewis
  • >>素材:95% モーダル, 5% エラステン
  • >>形状:セットアップ
  • >>価格帯:〜5000円
  • >>レビュー:袖と裾のレースが可愛くて着心地も抜群です。154cmで標準体重、ぴったりサイズです。https://www.peachjohn.co.jp/pjitem/detail/?COLOR=02&ITM=1024614&outlet=include

多重ガーゼのパジャマ

  • >>ブランド:ベルメゾン
  • >>素材:綿100%(ダブルガーゼ)
  • >>形状:セットアップ
  • >>価格帯:5000円〜
  • >>レビュー:なし

ポリエステルのパジャマ

  • >>ブランド:johnlewis
  • >>素材:ポリエステル100%
  • >>形状:ワンピース
  • >>価格帯:5000円〜
  • >>レビュー:これは私が今まで買った中で最も快適なものの一つです。とても居心地が良く、暖かく、火の前の冬の夜にぴったりです。

ビスコースのパジャマ

  • >>ブランド:johnlewis
  • >>素材:96% ビスコース, 4% エラステン
  • >>形状:セットアップ
  • >>価格帯:5000円〜
  • >>レビュー:これは私が今まで買った中で最も快適なものの一つです。とても居心地が良く、暖かく、火の前の冬の夜にぴったりです。

まとめ

贈る相手を考えてデザインや素材は選ぶと良いですが、特に希望するデザインや素材が取り揃えているお店を見つけておく事をお勧めします。